中性脂肪の基準値はどのくらい?平均はどこをチェックすべき?

健康診断で気になる数値が「中性脂肪値」ですね。毎年の変化はわかってもどの程度が危険な値なのかはなかなかわからないものです。

正しい基準値を知っていれば、危険な兆候にも早く気付くことができて対応も早期に行うことができます。

「中性脂肪値」とは?

中性脂肪とは人間の体内にある脂質のひとつで、体を動かすエネルギー源となる物質です。別名「トリグリセリド」とも呼ばれていて、健康診断の血液検査の結果では「TG」という記号で表示されています。脂質が正常値で正常に働いている場合、体の循環も良くなります。

食物から摂られた脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り体を維持するエネルギーとして使われます。使われるエネルギー以上の脂質を摂ってしまうと、余った分は中性脂肪として蓄えられます。体についたぶよぶよした贅肉や皮下脂肪が中性脂肪です。

中性脂肪は肝臓でも作られていて、炭水化物の摂り過ぎや、飲酒によっても増えます。つまり暴飲暴食をすれば確実に中性脂肪は増えるということですね。

人間のからだは主にブドウ糖をエネルギー源として動いていますが、ブドウ糖が足りなくなると、皮下脂肪として蓄えられていた「中性脂肪」をエネルギー源にします。「中性脂肪」は飢餓状態から私達の体を守る役割があり、生きていく上で必要なエネルギー源なので、ある程度の数値は必要です。

ある程度の数値は必要と言っても、基準値以上に血液中の「中性脂肪」の割合が高いと、健康に害を及ぼしてしまいます。

中性脂肪値が高いと起こる症状

  • 血液がドロドロ状態になる
  • 血流が悪くなる
  • 血管の壁に老廃物が溜まる
  • 血管が細く、硬くなる

これらの血管の症状は、脂質異常症という状態になっています。コレステロールが増えて、血管が硬くなっていく動脈硬化の始まりです。動脈硬化が進むとは心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などの血管が細くなって引き起こされる重大な症状を引き起こして、死に至る可能性さえあります。

血管の病気以外にも、肝臓の病気も引き起こすことがあります。肝臓に中性脂肪が蓄積すると脂肪肝になります。脂肪肝とは、肝臓周りに脂肪がついているのではなく、肝臓の1つ1つの細胞内部に脂肪が過剰に蓄積している状態です。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、なかなか症状が出にくいので初期には「これといった自覚症状が無い!」というのが症状と言ってもいいです。

最近太ってきた人や生活習慣が乱れ気味の人が、以前に比べて「疲れやすい」「右の肩が凝るようになった」という症状がでたら、脂肪肝を疑ってみるのもありです。

脂肪肝は肝臓の機能が低下して肝硬変や肝臓がんになる可能性がある怖い症状なので、中性脂肪値がちょっと高いくらいだから大丈夫と安心しない方がよさそうですね。

「中性脂肪値」の平均基準値はどのくらい?

中性脂肪値は高いのはもちろんですが、低すぎるのもよくありません。中性脂肪の正常値とはどれぐらいでしょうか?

中性脂肪の数値と対処法

  • 29以下 :原因となる病気を調べる
  • 30 ~149:正常
  • 150~299:異常との境界域で食事療法や運動療法を始める
  • 300~749:食事療法、運動療法と投薬治療を始める
    ※500mg/dl以上になると禁酒
  • 750以上 :膵炎の危険性があるので薬物治療を始める

中性脂肪値に異常があるということは、それだけさまざまな病気にかかるリスクが高くなります。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞や肝臓がんなど命にかかわる病気になる可能性が高くなります。

中性脂肪値が異常と診断されたら、自分の体が悲鳴をあげて病気のサインを出していると思って、治療や生活習慣の見直しをしましょう。

食べ過ぎない、アルコールを飲み過ぎない、運動を心がけるの3点をまず心にとめておきましょう。食事は肉よりも野菜をしっかりとって、ゆっくり噛んで腹八分目を心がけます。

仕事柄夕食が夜遅くになってしまう人もいますが、夜は食べる量を控えてアルコールは飲み過ぎないようにします。運動は決して激しい運動である必要はありません。

通勤電車を一駅前で降りて歩くとか、エスカレーターやエレベーターをやめて階段にするとか、日常生活でできる運動はいろいろありますよ。時間がある人は、ウォーキングなど有酸素運動をできれば1日に30分程度行うなど、できることから少しずつ始めることが大切です。

「中性脂肪値」が危険値だった場合の対策方法とは?

健康診断で中性脂肪値が危険値だった場合は、早めに医師に相談し適切な指示を仰ぎましょう。基準値内でもちょっと注意が必要というレベルなら、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く摂取して中性脂肪値対策をしましょう。

不飽和脂肪酸で有名なものにDHAやEPAがありますが、鯖や鯵、鰯やぶりなど背中が青みがかった魚に多く含まれています。一般にEPAは血液を健康に、DHAは頭を健康にと言われています。DHAは脳や神経の健康に役立ち、EPAは血液や血管の健康に重要な役割があります。

DHA・EPAの目標摂取量は1日1000mgと推奨されています。1日1000mgというのは、約90g以上の魚で、大き目の魚なら切り身一切れ分くらいです。刺身なら、マグロのトロで2~5切れ、ハマチで3~5切れになります。

このくらいで1日分が摂れるならと思う人もいるでしょうが、毎日摂るとなると結構大変です。そんな時はサプリメントで補うのがいいですね。サプリメントなら摂取できる量が表示されているのでわかりやすいですよね。

中性脂肪値が高かったからとDHA・EPAを積極的に摂るのはいいですが、摂り過ぎもよくありません。。1日3000mg以上は避ける方がいいと言われています。

3000mg以上摂ると、吐き気や下痢、鼻血などの症状が現れる可能性があると言われているので、青魚を意識的に食べて、さらにサプリメントも飲んでいるという人は、1日の摂取量に注意しましょうね。

中性脂肪値は、私達の体を生活習慣病から守るために大切なチェック項目です。毎年その値の変化に目を留めて、適切な対策をすることが重要です。