中性脂肪の基準値はどのくらい?平均はどこをチェックすべき?

健康診断でチェックできるのが、「中性脂肪値」ですが、毎年の変化はわかってもどの程度が危険な値なのかはなかなかわからないものです。

中性脂肪が高い

正しく基準値を知っていれば、危険な兆候にも早く気付くことができて対応も早期に行うことができます。知っておきたい中性脂肪の基準値と対策を紹介しているので参考にしてくださいね。

「中性脂肪値」とは?

「中性脂肪」とは、人間の体内にある脂質のひとつで、「トリグリセリド(=TG)」とも呼ばれます。人間の体内には脂質があるのが正常で、「中性脂肪」の他にも「リン脂質」「ステロイド」「糖脂質」があります。

これらの脂質が正常値で正常に働いている場合、体の循環も良くなり健康な状態と言えますね。「中性脂肪」は食事などで摂られる動物性の脂肪から作られます。食事で摂った動物性脂肪は「中性脂肪」になり、皮下脂肪として蓄積されます。

動物性脂肪

人の体は主にブドウ糖をエネルギー源として動いているのですが、ブドウ糖が足りなくなると、皮下脂肪として蓄えられていた「中性脂肪」をエネルギー源として使います。つまり「中性脂肪」は飢餓状態から人間の体を守ってくれています。

しかし血液中に「中性脂肪」の割合が高くなると、健康に害を及ぼしてしまいます。血液中の中性脂肪が締める割合を知るためには「中性脂肪値」を健康診断の血液検査で調べられます。

血液中の中性脂肪が多いと、体にどんなことが起きるのでしょうか。脂肪は血液の中では老廃物で、血液の流れを悪くしてしまう原因になります。血液中に中性脂肪が溜まってしまうと、血液はドロドロの状態になってしまいます。

ある程度の中性脂肪は必要ですが、血液がドロドロになるのは皮下脂肪として蓄えられているにも関わらず、それを上回る量の動物性脂肪を摂ってしまっている結果です。

またドロドロの血液になってしまうと、血流は悪くなり、酸素の運搬も上手くいかなくなります。血管の壁に老廃物が溜まるので、血管が細く硬くなり、動脈硬化になってしまいます。

動脈硬化は心筋梗塞・脳梗塞などの死に至る危険性もあるとても怖い病気の引き金にもなってしまいます。

「中性脂肪値」の平均基準値はどのくらい?

中性脂肪値の平均値は、30~149mg/DLです。150mg/DL以上は要注意、250mg/DL以上は要治療の値です。中性脂肪は、食事、糖質量、飲酒量、運動量と関係があります。

中性脂肪値

特に糖質とアルコールを過剰に摂ることで、正常値を超えることが多いです。女性より男性の方が高い人が多く、働き盛りの30代くらいから正常値を超える人がでてきます。これはやっぱり糖質とアルコールの摂り過ぎが大きな原因です。

中性脂肪値が高くなる原因

  • 糖質の摂り過ぎ(特に炭水化物)
  • アルーコールの飲みすぎ
  • 運動不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • 肥満

中性脂肪値が高くなる原因は、生活習慣にあることがわかりますね。仕事が忙しいことを理由に、運動不足になりストレスがたまるからと、暴飲暴食をして糖質やアルコールの摂り過ぎや喫煙の結果、肥満になります。

ストレスや喫煙だけでも中性脂肪が高くなる可能性があるのに、輪をかけて運動不足と暴飲暴食は絶対に体によくありません。心筋梗塞や脳梗塞、ましてや肝臓がんなどの病気になってしまうと、食べること、飲むこと、吸うこと、最悪の場合働くことでさえできなくなります。

中性脂肪値が30~149mg/DLの基準値内にあるから大丈夫と安心せず、特に150mg/DLに近い数値になったら食生活の改善を早目にするようにした方がいいですね。

一度高くなってしまった中性脂肪値を正常値に戻すには、やりたいこと好きなことをかなり我慢しなければいけなくなるので、前回検査した結果より高くなったと感じたら、中性脂肪値を下げる対策を始めるようにしましょう。

「中性脂肪値」が危険値だった場合の対策方法とは?

中性脂肪を減らす対策

  • 食事を改善する
  • 運動をする
  • 不飽和脂肪酸を摂る

健康診断で中性脂肪値が危険値だった場合は、早めに医師に相談し適切な指示を仰ぎましょう。基準値内でも上限に近く注意が必要というレベルであれば、食事の改善や運動をすることで数値は下がってきます。

ダイエット

食事は「お腹がすいたときに食べる」というのが基本です。もちろん毎回の食事で大量の炭水化物やアルコールを飲むはもってのほかですが、それほど空腹でもないのに食べ続けていると、肝臓で処理しきれなかった分が中性脂肪になってしまいます。

食事の時にちょっと食べる順番を意識するだけでも違います。まずは野菜から食べ、次に肉や魚のおかず類を食べ、最後にご飯を食べます。焼肉など肉と一緒にご飯を食べたいという気持ちはわかりますが、肉を食べれないというわけではないのでちょっと頑張ってみるといいですね。

野菜→おかず→ご飯の順番に食べると、意外とご飯の番になったときに既に満腹感があり、ご飯を食べなくてもいいという感じになります。そうすればご飯に含まれる糖質を摂らなくて済むので、それだけ中性脂肪が増えずに済むわけです。

さらに食事療法と、運動をうまく組み合わせることによってされに中性脂肪を減らすことができます。運動は決して激しい運動ではなく、ウォーキングやスイミングなど有酸素運動がいいですね。時間も1日30分程度で大丈夫です。

いきなりランニングを始めたりすると、きくつなって途中でイヤになってやめてしまうことが多いです。食事療法と一緒に運動も毎日続けなければ効果は少なくなります。

大正 DHA EPA 中性脂肪

不飽和脂肪酸は青魚に多く含まれているDHAやEPAで、血液をサラサラにしてくれると有名ですね。DHA・EPAは毎日1000mgを摂るのがいいと言われていますが、毎日青魚で摂るのは大変です。

中には青魚は苦手という人もいて、嫌いなものを食べ続けるのは辛いですよね。そんなときはのサプリメントを利用するといいですね。サプリメントなら持ち運びもできるので、手軽にDHA・EPAを摂ることができます。

中性脂肪値は、人間の体を生活習慣病から守るために大切なチェック項目です。毎年その値の変化に注意して、危険値になる前に適切な対策をすることが重要ですね。

大正 DHA・EPA サプリ効果!体験談