DHAとEPAの違いを簡単に解説!

DHAとEPAの違いはあるのでしょうか?実はあります。
もちろんDHA(ドコサヘキサエン酸)もEPA(エイコサペンタエン酸)も似た成分のため、効果も似通っていますが、違いもあるんです。今回は、しっておきたいDHAとEPAの違いを効果や対象者などの観点から徹底解説します!

DHAは脳に効果があり、EPAは血液に効果がある!

効果は同じ部分が多い一方、DHAとEPAの違いはある程度あります。

DHA→脳への効果・働きが期待できる!
DHAの場合、脳や網膜にも効果が期待されますが、EPAの場合は期待できません。

EPA→血液への効果が高い!
EPAのほうが、血液をサラサラにする効果が高いです。
血圧を下げたい人・動脈硬化の予防をする人・中性脂肪を下げたい人に対しての硬化はDHAよりもEPAのほうが期待できます。

摂取するべき対象者に違いがある!

DHA→乳幼児・子ども・妊婦さんにおすすめ!
DHAの効果がどれほど出るのかはまだはっきりはしていません。
そのため、乳幼児をはじめとした効果が高く出やすい対象者の方がおすすめですね。

EPA→成人以上(生活習慣病予防者)におすすめ!
EPAの場合、科学的に効果がはっきりしており、すでに身体的に成長した方でも効果が出ることが判明しています。

DHAとEPA同じ効果は?

冒頭の通り、DHAとEPAの違いはありますが、どちらもオメガ3系高度不飽和脂肪酸という栄養素にであることに加え、分子構造的に似ているだけに効果も似ています。
DHAにもEPAにも期待できる効果は以下です。

  • 中性脂肪を下げる
  • 関節リウマチの症状をやわらげる
  • 心臓や血管などの循環器系の疾患予防

また、悪玉コレステロールを減らしたり、炎症を抑える効果もあるといわれています。

含有量の多い魚に違いがある!

青魚の食品の場合、DHAもEPAも多く含まれるものが多いですが、魚によって違いがあります。
こちらも確認して効率よくDHAとEPAを摂取すると良いですね。

DHA→本マグロ、マダイ、ブリ、サバなどに多く含まれる
EPA→イワシ、本マグロ、サバ、マダイ、ブリに多く含まれる

もっともおすすめなのはDHAもEPAもバランスよく含んでいる食品を選ぶことですね!
DHAもEPAも含有量が多い魚食品としては、イワシ・本マグロ・ブリ・サバ(鯖)がおすすめです!
詳しくはDHA・EPAを多く含む魚食品についての記事を参照!

DHAかEPA、どちらか片方はNG?

これに関しては、期待する効果によってDHAとEPAのどちらを摂るべきか違いがあります。

脳への効果を期待する方→DHAは必須!
記憶力を高めるなどの脳への効果はDHAしかありません。
そのため、痴呆症(ボケ)予防・視力を高める・記憶力を高めるなどの効果を期待される場合は、DHAのみを摂取するか、DHAとEPAを摂取すると良いですね。

血液への効果を期待する方→EPA方が効果が高い!
血液をサラサラにしたり、中性脂肪を下げたい方はDHAよりEPAの方がおすすめです。
決して、DHAに効果がないというわけではありませんが、EPAと比べるとDHAの方が効果が高いという違いがあるんです。

両方とも、同じような効果があるとされていますが、厳密にはこのような違いがあるんですね。

dha2

サプリメントと青魚を両方取り入れることで、毎日しっかりと成分を取り入れることができます。

毎日魚は、、、という人は各社からサプリメントがたくさん出ていますので
ぜひ、積極的に利用していくといいですね。