明日葉で肥満予防できるカルコンとクマリンの効果!明日葉って不味い?

コレステロール 明日葉明日葉がとにかく健康にも美容にも良くて、この野菜がほしくてたまらない、という人が最近増えていますね。

コレステロールを下げてくれる効果や、油っぽい食品をいつもとっている人にはとっても有難い働きをしてくれる明日葉は、春にならないと手に入らないし、春になっても、限定した地域でしか手に入らない代物。

不老不死や長寿には欠かせない野菜としてかなり注目を浴びている食材ですが、育てるのは難しいので、青汁になった明日葉を私はいただいてみました。抹茶の味がしてすごく飲みやすいです(本当の明日葉は、かなり苦いので、扱いずらいです)

明日葉に含まれる栄養成分

  • アミノ酸
  • カロチン
  • ビタミンB群
  • ほかビタミン類
  • カリウム
  • ゲルマニウム
  • 鉄分などのミネラル類
  • 食物繊維
  • 葉緑素など

明日葉の効果こんなに様々な栄養素が入っていて、全ての成分が偏りなく含んでいる明日葉です。

成人病や肥満を予防する効果が高く、今とっても人気があるのですが、実際に生息されている地域が限られていてなかなか手に入らないのが残念です。

青汁の原料としても人気のケールより、明日葉の栄養価は優れている言われていて、食物繊維でいうとケールの約1.5倍も多く含んでいます。

明日葉の成分はどんな効果がある?

 カルコンとクマリンについて

明日葉には、、明日葉特有の成分として、カルコンという成分が含まれています。またカルコンには、パセリやミカンにも含まれているクマリンという成分も含んでいます。

カルコン・・ポリフェノールの一種で、胃酸の分泌を抑えて胃の状態をよくしてくれる働きがあります。ほかに、抗菌作用によるアレルギーの抑制、血圧を下げる効果、高血圧の予防、血液の凝固を抑えてサラサラにし血栓ができるのを抑える働き、細胞のガン化を促進する物質の働きを抑えるなど。
クマリン・・・主に抗菌作用や活性酸素の生成を阻止する「抗酸化作用」があるので、美容や加齢による体の衰えに歯止めがきくかもしれません。また、アルツハイマー型認知症の予防などにも効果があるともいわれているので、今日からでも料理メニューに入れたいですよね。

カルコンにダイエット効果?太り過ぎの人は必見!

肥満をストップしてくれる効果もあるとも言われています。

ダイエットカルコンをとると中性脂肪の吸収を抑える善玉因子が増加して、肥満が抑制されるというデータもあり、今とても注目されています。ほかにも体のむくみや老廃物を除去する働きもあるということで、ダイエットがなかなか続かない人にとってうれしい効果も見逃せません。

明日葉のシーズンは主に春なので、4月ごろであれば、大きなスーパーに行けば販売しているところもあるし、ネットの通販でも購入することができます。もし手に入ったらいろいろなメニューに取り入れてみてくさださい。

明日葉ってどんな味?

明日葉は、八丈島を中心とした伊豆諸島や、房総半島などで育成されている野菜で、他の地域では、なかなか生育していません。

明日葉まずい

セリ科の植物で、見た目もセリのような見栄えで茎から延びた葉っぱもギザギザしています。

明日葉 青汁葉の部分はそのままサラダにして食していいけど茎が固いので1分くらいゆでたほうが扱いやすいです。天ぷらにするときもそのほうがいいでしょう。食べると結構苦いです。初めて食べる人は、苦手な人が多いです。でも、栄養や効能は素晴らしいので、できるだけ継続して取り入れたいですね。

春以外はどこからも手に入らないので、本物の明日葉を手に入れるには春を待つしかなく、また限定地域しか売っていないので、電話注文やネットでの販売がほとんどになりそう。もしかしたら、スーパーで並ぶお店もあるかもしれないけど、もしあれば、すぐにゲットしましょう!

明日葉が入った青汁があり、これも苦くて飲めないという人も多いのですが、そこに抹茶が入って飲みやすくした明日葉青汁がでました。サプリよりも、新鮮な状態でとれるので、オススメです。

バナー原稿imp
ヘルスマネージ大麦若葉青汁

キトサンが配合されて、血中コレステロールがたまりにくい効果も加わっています。